ヨガやエアロビクスなどでのストレス発散

ヨガの呼吸法で精神を安定

気力がわかないとき、それは、精神が不安定な状態にあって、脳に酸素が行き届いていない状態であると考えられます。何となく憂鬱な気持ちでいるのであれば、ヨガの呼吸法を取り入れてみると良いでしょう。深い呼吸をすることで、新鮮な空気を体内に取り込み、脳にまで行き渡ります。そうすると、脳が活性化するため不安な気持ちが落ち着きます。また、ヨガの呼吸法によって自律神経を整えることができるので、不安な気持ちや鬱々とした気持ちを解消する効果が期待できるのです。ヨガの呼吸法は基本的なことをマスターしてしまえば、一人でどこでも行うことが可能です。職場でストレスを感じたとき、自分の席に座ったまま、呼吸法を実践してみるとストレスが解消できますよ。

エアロビクスで楽しく有酸素運動

何となくやる気がでないときには、いっそのことエアロビクスで激しい運動をすると頭がスッキリします。エアロビクスは再び注目を集めていて、有酸素運動によるストレス解消効果と、程よい疲れによるリラックス効果が期待できます。その根拠となるのが、エアロビクスをすることで酸素をいっぱい吸い込み、副交感神経の働きが活性化すること。副交感神経が活性化されると、セロトニンの分泌が盛んになり、ストレスを和らげる効果をもたらすと考えられています。エアロビクスは激しい運動ですが、やっているうちに楽しくなり、いつの間にか気力が戻っていた、なんてことも多いです。気分をスッキリとさせたいのであれば、エアロビクスがおすすめです。