自分にぴったりな静的なストレス解消法の選び方

感情を表出させて解消

ストレスによって自分の中に溜まってしまった感情を、上手に表出させることで、ストレス発散につながります。気持ちを表現したいなと感じていたり、鬱々とした考えから抜け出したいと思ったりしたときには試してみてはどうでしょう。
代表的なのは泣くという発散法です。涙活という言葉もある通り、泣くことはストレス発散になります。映画を見たり本を読んだりして思い切り涙を流すとすっきりします。
他には、溜まりにたまった不満や愚痴を紙に書くというのも効果があります。嫌なこと辛いことを、誰に見せるわけでもないので何の遠慮もしないでどんどん書いていきます。上手に感情を表出させてしまうと、自然と頭もクリアになって考えもまとまってきます。

頭を空っぽにさせて解消

ストレスでイライラしたり、気持ちが高ぶっていたり、なんだか落ち着かなかったりしているときは、頭が空っぽになるようなストレス解消がおすすめです。頭も体もいったん休めてみると、ストレスも違う面から捉えられます。
例えばお風呂にゆったりとつかったり、マッサージやエステに行ったりすると、体から余分な力が抜けることで脳もリラックスして、今に集中することができます。このとき、ストレスがすこしずつ解消されているのです。
また、瞑想をして気持ちを落ち着かせたり、なかなかそれだけでは平常心に戻れないときには、森林浴に出かけて深呼吸をしてみたりすると、頭の中の混沌がすっとなくなり、ストレスから解放させることができます。

品川の精神科は、会社勤めの患者のために夜間や土日祝日の診療を行っているところや、薬物療法以外の方法を採用しているところもあります。